ケイジャンが万能な食欲増進スパイスだったのでレビュー

f:id:doudemoisekai:20190208130216j:image

 

 

ケイジャン料理のレビュー

 

ケイジャンの起源

ケイジャンあるいはケージャン(英語: Cajun)とは、祖先が北米東部のアカディア地方に入植したフランス人の直系で、イギリス人によってアカディアから追放されたのち、最終的に主にアメリカ合衆国ルイジアナ州南部に永住した人々を指す。 「アカディア人」を意味する英語「アケイディアン」(Acadians)から「ケイジャン」に転じた。音楽分野でケイジャンという用語は、白人がアコーディオンなどを演奏する音楽の一分野をさしている。引用:ケイジャン - Wikipedia

 

ケイジャン料理に深くかかわりを持っているアカディア人

フランスとも深いかかわりがある。

かつて、北米にはフランスのアカディア植民地が存在して

そこに居住していたフランス系カナダ人のうち

現在のアメリカ ルイジアナ州に移住した人々を「ケイジャン」ともいうことから

このケイジャン料理にはフランス料理の要素も入り混じっている

「ケイジャンとの出会い」 

ステーキガストにて白米の隣に居た

【ケイジャンライス】

聞きなれない単語が原因なのか

誰にも手をつけられていなかった

 

誰にも食べられる事なく保温されている姿を見て

僕は「ケイジャンライス?食べてみよ!」

 

炊飯器を開けて広がる独特なスパイスの香り

一口たべるて思う

「カレー?!」コショウとも違う

ニンニク料理を食べている時の

既に満腹なのにパクパク食べれる味に

感銘を受けたのであった・・

ケイジャンスパイスをシンプルに白米にふりかける事のススメ

  • 食欲ない
  • おかずを作るのが面倒

 特におかずを作るのが面倒な時は

ケイジャンスパイスが活躍する